Shut the fuck up and write some code

グダグダ言わずにコードを書きたいブログ

2017年を振り返る

久々の更新ですが、大晦日なので今年を振り返ってみる。

※昨年の振り返り verytired.hateblo.jp

やったこと

NodeJSでAPI開発 / Knockout.jsでフロント開発

1月から4月まで関わってた案件。

※やっていたこと verytired.hateblo.jp

本来は長期的に参画する予定だったのが、計画通りに開発が進まなかったこともあり、4ヶ月で契約終了になる。

去年までやっていた某CA社の某生配信サービスの開発も働きやすくで良かったが、子供を生まれたことをもあり、将来性のありそうな話(うまくいったらそのサービスを独立させて会社を立ち上げるので、そこで働けるよ、というような内容)に乗った方が良いと思ってメインの案件を乗り換えてみたのが落とし穴だった。

でもまあ、仕事のやりにくさもあり、このまま続けるのもかなり悩ましかったので、ある意味無理矢理仕事をかえざる得ない状況になりラッキーだったのかもしれない。

react + typescript + webpackでのフロント開発(新規開発案件)

現在の案件です。上記案件後、某大手人材紹介会社に紹介してもらうようにお願いしたところ1週間もかからずに紹介してもらえて本当に救われる。奇しくも某CA社に舞い戻ることになったが、寄らば大樹の陰、仕事のやりやすさが身に沁みた。デザイナーがいなかったので自分でsketchでモックデザイン書いて、それを実装する一人開発ではあったが、特に大きな問題もなく、ひとまず最初のリリースまでやることが出来た。

反省点

うまい話は存在しない

知り合いの紹介だったので信用仕切って、あまり詳細を聞かずに案件を受けたのが間違いだった。どのような開発環境を用意してもらえるか、しっかりヒアリングしないといけない。どんな環境でも働けるIT土方だから大丈夫か、と自分を過信してたのもダメだった。もう快適な開発環境を用意してもらえないとダメだ。あとひとつの案件がコケても大丈夫なようにリスクマネジメントもしっかりやらないといけない。これば危ないぞ、と思った矢先にポシャったので、案件受ける前から考えてないとダメだ。育児に時間持って行かれてたのも大きく、対応が後手後手になったのも良くなかった。

ノーチャレンジな一年

新しいことはほとんどしなかった。クリエティブコーディングもやろうかと思ったが、楽しいけど、お金になりにくく将来性がなさ過ぎるので、既存フロント技術を学び直したり、本やブログの記事などを読んでた時間が長かった。育児もあって時間にあまり余裕がないので勉強会も行かなかった。

考え方の変化

アウトプットしなければいけないと思い続けてたが、誰に役に立つのかわからないTIPS記事を書いても、名声が上がるだけで、自分の技術力が上がるわけでもない。何より役立つ成果物生み出されるわけでもなく社会がより良くなるわけでもない。と考え始めたら、技術の話はあまりしたいなと思わなくなった。言葉でのアウトプットは有名欲というか、過剰な自分演出にしか思えない。そんな話を書いたり発表する時間があるなら、何かしらのプロダクトの開発をやったり、OSSにPR投げることに時間割いた方がよっぽど世の中の役立っている。ということを考えながら、この記事を書いている無意味さにやられている><。まあこれは自己反省なので・・・。

2018年 やりたいこと

キャリアプラン

子供も生まれ、仕事ポシャるピンチもあり、不安定さに色々滅入る時期があった。フリーランスやっている場合ではない。かと言って正社員になれるわけでもなく・・・そんなことを考えると眼前の仕事を必死に取り組むだけになってしまうのでもう少し余裕を持って働きたい。育児もあるので労働時間を減らしながら収入を安定させたい。

プライベートプロダクトを作る

今年一切できなかったこと。趣味のための開発ではなく、仕事に繋がる/繋げるための開発。これからもっと仕事も取りづらくなると思うので、何かしらやっていかなとなあとは考えてる。アプリなのかフロントなのかはまだ考えていない。

人の話を聞こう

今年は育児と仕事で時間とられて、新しい人に会ったり話聞きに行ったりはできなかった。名刺作ったけどほとんど減らなかった。 LinkedInから山のように怪しいエージェントからの「会いませんか?」メールが来るのが虚しい。業界広く歩かないと仕事にもありつけなさそうなので、来年はフットワーク軽くして動いていきたい。勉強会行ってみるかな。

まとめ

どうやって生き抜くか?それを強く実感し自分自身が変わった一年でした。来年も生き残りたい。子供のためにもどうにかしないと・・・フロントエンド開発/アプリ開発など何かありましたらお話伺いますので、2018年もよろしくお願いします。