Shut the fuck up and write some code

グダグダ言わずにコードを書きたいブログ

近況

更新の間が空きましたが、辛うじて生きてます。季節はすっかり夏になりました。

春先までopenFrameworks触ってましたが、「これは面白いけど飯の種には全くならない」ことに気が付き、デモ制作は一旦停止(0.9が出たらまたやりたい)。今はcocos2d-xでのゲームアプリ開発とThree.jsを使ったデモ制作を進めてる最中。

f:id:very_tired:20150527222041p:plain:w320

http://verytired.github.io/three.js-game/app/index.html

完全に作りかけですが、githubでまるっと晒してるので一応リンク張っておきます。

ゲームロジックを組むのが開発の中心で、3D周りは完全にThree.js任せ。

Three.jsはWebGLへの理解が薄くとも使いやすいので、(やっぱり)今後のメインストリームになるのではないかと思う。 FITC2015で Mr.doobのトークを聴いたことも影響してますが。実際海外での使用事例も結構多いし、国内も増えつつある。

WebGL理解してない人間が使うのはどうなの?」という意見もあるけど、じゃあ何のためのライブラリなのか? jQueryと同じくらいの存在理由を問われてると思うので、Three.js中心の学習も有りなんじゃないかと。でもThree.js自体がまだまだ開発途中で仕様がコロコロ変わるので、基礎的なWebGLの知識はあったほうが良い。

今年後半〜来年移行はWebGLを使ったコンテンツがメインストリームになるんじゃないかと予想(もう既になってる?)。

バイトでやってるフロントエンド業務ではひたすらDOM操作をやってるわけですが、来年移行はCanvasがメインになるじゃないかなあ。っていうか、いつぞやのFlashブームのように、メインなってほしいものです。

広告を非表示にする