Shut the fuck up and write some code

グダグダ言わずにコードを書きたいブログ

タイピング改造計画

恥ずかしながら自分はタッチタイピングがまともに出来ない。これまで困る事はないのだけれども、他の人と比べると明らかに見劣りする。作業効率を考えるともっと高速化させたいので、色々手を加えることにした。

参考:思考の速度でパソコンを使う技術

ホームポジションの習得

自分のタイピングは完全な我流なので、指の位置が安定していない。まず基本的なところを習得すべく練習。

タイピスト

タイピスト

  • Takeshi Ogihara
  • 教育
  • 無料
フリーのアプリでとりあえず練習。だいぶ様になった気がする。ただ英文入力(英数字のみ)の入力はいいけれども、英数字記号が混在する実際のコードではこのソフトの練習ではちょっと不向きかもしれない。

キーバインドの変更

ホームポジションから手が離れがちなのでホームポジションから手を離さないような設定をする。

設定に旧eyRemap4MacBookことkarabinerを導入。 基本的にはemacsキーバインド設定。ctrl+hでバックスペース出来るように設定したり、キーリピート速度を変更するなど

参考:Mac OS X おすすめキーバインド

キーボード

さらに強制すべく無刻印HHKを導入。

英数字はまだいいが、記号は鬼打ちづらくなったw

経過

ここ一ヶ月くらい、主に自宅で練習中。仕事が忙しかったのもあって、新しいやり方/設定はまだ本格的には導入していないものの、徐々に移行中。いらつくことなくコーディング出来るようになったら仕事にも導入して行く予定。あとはchromeやら普段使うアプリのショートカットの設定も色々いじる予定。

思考の速度でプログラミングできるようになるのか。そもそも思考の速度が遅過ぎるが。。。文字入力は普通にこなせるけど、カット&ペースト(カーソルキーを使わないようにした)や記号の入力が不慣れ。これからやり込んでいったら良くなる事を期待してにしてもHHK TypeSのタッチ感は最高。今回のはHHK二台目なんですが墨色出たらもう一台買ってしまいそうだ。