読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shut the fuck up and write some code

グダグダ言わずにコードを書きたいブログ

クリエイティブの授業

読書
クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST
オースティン クレオン Austin Kleon
実務教育出版
売り上げランキング: 28,191


最近読んだ本ですが、内容がとても良かったのでご紹介します。

「クリエティブの授業」という邦題ですが、実際は「STEAL LIKE AN ARTIST」。ページ数自体少ないのとテキストの量も程々なので誰でも読みやすいはず。

モノ作りをやっていてハマりがちなのは、「これはオリジナルなのか?(他に優れたものがあるのでは?)」「世に出すべきものなのか(大したものでないから出したくない)」と考え始めて、頭でっかちになってしまい動けなくなってしまうところ。そこからいかに抜けて出すかを重点に置いている内容です。ページ数自体少ないのとテキストの量も程々なので誰でも読みやすいはず。

「盗め」と一言で言うとまあ大胆ですが、多くの事象から調べ上げて盗むことは「研究」です。多くのアーティストたちの言葉を引用しながら、盗む事の正当性を紹介しているので、盗むということを変な意味で捉えずに、ポジティブな形で紹介してます。

さらには、頭が固くなったら環境を変えて積極的に頭を動かす環境の重要性や、マインドをフレッシュな状態に保ちながらドライブしていくための行動を指南してくれてます。

「オリジナルなものをゼロから作る方法」には一切触れてないけれども、クリエティブを考えていくための手助けをシンプルにまとめた良書だと思います。

小さくてコンパクトな本なので、常に机の上にでも置いておいて、詰まったりモチベーションが下がってきた時にパラパラと眺めると良いかも。

モノ作りを生業にする人、生業にしたい人、やってみたいけど難しいと思っている人たちに手に取ってもらいたいです。