Shut the fuck up and write some code

グダグダ言わずにコードを書きたいブログ

Pure Data Japan 1st Sessionに行ってきた

久々にメモ以外のエントリ。

先日Pure Data Japan 1st Sessionというイベントに行ってきました。日本初のPdイベントということで、元々ダラダラ遊びで触っていて興味があったのもあり、完全ド素人状態ですが恥を忍んで行ってきました。

Pure Dataは平たく言うとMax/MSPのフリー版。開発者が同じなので異母兄弟みたいなものでしょうか。 今はパッチを直接iPhoneで動かせられるアプリがあったりOSCで様々な環境と連携が取れるので、触ってみるとかなり面白いです。Maxは有料だったり複数台のマシンではドングルが無いと使えなかったりと色々障壁があるので、その点では優位かなと思われます。

前売りチケットはソールドアウト。2.5Dは比較的小さい箱ではありますが、関係者入れたら150人くらいはいたのかな? びっくり大盛況です。

通称(?)白本&黒本の著者お二人によるレクチャーと実際のユーザーによるプレゼン(LeapMotionを使ったデモは興奮しました)&ライブ(DUB-Russellはmobmuplatを使ったPureDataのパッチも交えて、が基本的にMaxのライブセットw)は、四時間半の長丁場でしたがかなり充実してましたね。


Pd Recipe Book -Pure Dataではじめるサウンドプログラミング(単行本)
松村 誠一郎
ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 13,861


Pd本は一応両方とも持っているものの斜め読みした程度なので、PureDataの可能性をイマイチわかってなかったんですが、今回のレクチャーとプレゼンでかなり色々出来ることが分かって、応用で切れはかなり面白いことが出来そうなのが見えました。色々とアイデアが膨んだし、何か作りたくなる気持ちにスイッチが入ったな。Pure Data、もっと活用してみたい。今度作ろうとしているものみ組み込んでみようかな。oFだとPureDataのパッチを動かせるアドオンがあるし。

ですが、DUB-Russell のライブ観て「やっぱりMaxいいねー」やら「LeapMotion欲しい!」やらなどとPure Data以外の部分にも興奮してたのは秘密です

今後ユーザーの数も増えるといいですなあ。Pure Dataに限らずoFにしてもProcessingにしてもそうですが、日本ではイマイチ盛り上がっていないのか、わからないことを調べようとすると日本語の情報が得づらいのが難点で、自分は壁にぶつかって投げ出していること数知れず・・・。コミュもあるけど過疎っていたり、初心者には中々入りづらいところもあるし。こういったマルチメディア系の開発言語を学校以外の場所で独学で身につけるのは、他の一般的な言語に比べるとかなり敷居が高いのも事実。この間のFlashのお通夜の中でも触れられたけど、マイナーな言語全般、ブログの記事を書いてもっと情報発信していった方が良いなと考えを改め直し始めてる次第。

段々話の中身がPure Dataからそれ始めたのでここまで!