Shut the fuck up and write some code

グダグダ言わずにコードを書きたいブログ

自由と成長

成長したければ、ひたすら変化すべし

順応するな。意図を持て

上の記事を読んでいて、「成長」という部分について自分の経験と重なるところが多く、考えさせられたので、新年度一発目ということもあり初心に帰るべく書き記して置く。


自分の来た道筋を振り返ってみると、キャリアの一番最初はプログラミングのプの字も全く無い、しがない肉体労働者だった。20代前半は土と油まみれの日々で、T業界とは全くの無縁な場所に居たのだった。それが10年以上の月日を経て、今はフロントエンドエンジニア的ポジショニングで仕事をさせて頂いる。このようになるまでに至ったのは、自ら変化の中に飛び込んで行ったことが大きかったと思う。20代後半から30代にかけては必死だった。裸一貫知識ゼロのスタート。若い子たちよりも知識無いくせにロートル。二重三重のハンデがあるからこそ、成長という部分に関してはシビアに考えていた。「成長しなければ人生は詰み」今でもその覚悟で望んでいる。

僕は5回ほど職を変えているけれども、どの会社でも時流を読み違えて方向性が入社当初と変わっていき、自分が思い描いていた進みたい方向性と合致しない時が出てくる。会社は当然ながら自分に都合の良い仕事は与えてはくれない。若い人たちは条件の良い仕事を組織がお膳立てしてくれることもあるだろうが、僕みたいな年寄りには、現状を凌ぐための将来性の薄い仕事(僕は常々「刺身のパックにタンポポを乗せる仕事」だと呼んでいた)しかない事の方が圧倒的に多い。こんな仕事に従事し限られた時間を浪費していくのは、20代の若者とは違う40間際の後の無い人間には非常にリスキーだ。確かに金銭的に保証される部分は大きい。しかし温い環境で甘え始めたら全く成長しない。

今のご時世、使う技術/スキルはすぐ陳腐化するし、その仕事自体が無くなる可能性もある。スマートフォンからFlashが無くなることになったときは正にそうだった。Flashしか出来ない人間のニーズは下がるのは見えていた。だからタイミング良くHTML5の知識を身に付けることが出来たのは非常にラッキーだった。ただ、ある程度先読みをしていた部分や、自主的に勉強し、会社に依存せずに成長しよう姿勢が多少あったからこそシームレスにシフト出来たと思う。

新しいステージに上がるための挑戦を捨てて、組織のために現状維持をする方向に走ってもおかしくなかった。組織に依存していた方が安定はあるのかもしれない。ただ会社の寿命なんて10年あったら奇跡、15年、20年なんて未知の領域だ。会社の方向性/成長がどうなるのか読めない以上、自分の成長を止めてまで業務を手伝うのは出来ない。組織に依存していたら、自ら自分の人生を切り開くためのマインドは持ちづらかっただろう。茹でカエルの法則、もしくは駄サイクルの循環にハマってしまったら、時流と距離が離れていき、将来性は先細りする。淡々と同じ業務を繰り返すだけの人間で終わるのは簡単に想像出来る。そこにはいつしか首を切られてもおかしくない人生しかない。組織の中から変えることも出来たのでは?と指摘されるところもあるだろうけど、組織を変えるのはエネルギーを必要とする。戦いだけで疲弊する。僕には厳しい条件だったし、組織中でもはや得るものが無い以上、更なる高みは外に求めるしか無かった。

新しい領域への挑戦も、組織で保守的な働き方をするもの、結局のどちらもリスキーではある。ならばチャレンジングな方向進みたい。僕はそう判断して会社を辞めた。成長機会を外に求めた。数回の転職へを経たけれども、今思えばそれは正しい判断だったではないかと思ってる。外に出て常に第三者視点で業界の流れと自分の位置を図りポジショニングする。今まで何とか生き残ることが出来たのも、自由に動いて自分の場所を見つけることが出来たからだと考えている。

会社を辞めて半年たった現在、今の方が時間が出来て、案件に新しい技術を試す機会に恵まれてる。人に会う機会もサラリーマン時代より増えている。これは組織にいても実現出来たことなのかもしれないが、組織/業務の壁に阻まれ自分にはどうやっても出来なかった。だから一人で動いた方が自分には合っているのだろう。仮に自由の動いても良い組織があって運良く在籍できたとしても、組織にいることはいつしか足枷になる可能性が高い。ただ、守られる壁は無い。金銭面で厳しい局面もいつしか出てくるかもしれない。それでも自由に動き、自分の人生を自分の力で切り開く事の方に僕はメリットを感じている。今の世の中、やりたいと思えば場所はどこでもやれないことはない。組織に入ってそれがそこに居続けることがデメリットになっていると感じるならば、積極的に別の場所にシフトしていくべきだ。そのことを僕は肝に銘じている。

広告を非表示にする