読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shut the fuck up and write some code

グダグダ言わずにコードを書きたいブログ

IntelliJ IDEAを導入してみた

Programming

http://www.jetbrains.com/idea/img/version12/android-ui-designer.png

JetBrainsがマヤ暦終了セールと銘打って1日限定で同社製品を75%OFF!! これは渡りに船、欲しかったIntelliJ IDEAを購入。

もともとweb/phpStormには大変お世話になってました。もはや、これ無しではJavaScriptは書けません、と言うくらい。補完機能が充実、多機能で開発がとてもしやすいです。

http://www.jetbrains.com/idea/whatsnew/

TypeScriptもDartも対応!多くの言語をフォローしているのも売りですが、自称Flasherの自分にはActionScriptに対応していることがデカイです。

ASのエディタと言ったら自分にはFlashDevelopが最強だった訳ですが、Macは無く、MacユーザはFlashBuilder一択だったわけで、しかしFlashBuilderは今となってはMasterCollectionを買うか、AdobeCreativeCloudに入るか、単体で購入するか選択肢しかないない。貧乏フリーランスの自分には中々手を出しにくい。

いろいろ調べてみるとIntelliJ IDEAはASに対応してるらしく、AIRアプリの実機転送まで対応している!しかしこれまた有料。実売2万くらいと、まあFlashBuilderよりは安価な訳ですがちょっと手を出しにくい。ただJetBrainsは良く半額セールをやっていたので、次のセールまでやるまで待つかーと思ってたら予期せぬタイミングでのセール。これはラッキー。

早速導入して試してみる。Flash/AIRアプリの開発環境をセットアップしてみると、そんなに手間取ることもなく、iOSエミュレータでの動作とAndroidへの転送まで出来た。FlashDevelopだとバッチファイル書き換えたりしてたのだけど、プロジェクトファイルの設定を少し変えるだけで出来た。簡単です。

エディタとしての性能は十分分かっているので問題無し。SublimeText2やら色々と優秀なエディタは多いけれど、痒いところに手が届いてるのが個人的にはIntelliJ IDEAの方かな。もう少し使い込んでみます。

脱Window(脱FlashDevelop)が出来て、これ一つでアプリ開発まで出来てしまう。いやーこれは革命的です。