読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shut the fuck up and write some code

グダグダ言わずにコードを書きたいブログ

近況&今後の展望

雑記

久々の更新。6月に転職して9月で丸三ヶ月経ち、ドタバタも落ち着いてようやく周りが見渡せるようになった。さすがに心機一転モードも色褪せて、内心はモヤモヤしてきたので、ざっくりと近況をまとめて次へのステップを考えてみる。

■今までの流れ
会社の業種は主にソーシャルゲーム開発という奴なのですが、

ソーシャルゲームのスマホ版開発をする予定となりJSを調査勉強。

すぐに開発に入らないので開発予定のソーシャルゲームのガラケー版開発のFlash制作にジョイン。

大人の都合でスマホ版開発が無くなる。

ガラケー版開発もリリースとともにフェードアウト。

別のソーシャルゲームのガラケー版開発のFlash制作にジョイン。
複数動いている新規開発でもっとも期待されてないので評価されることも盛り上がることも無い状態。

今のソーシャルゲームの流行り方を見てると、ヒット作を掴めないとこういう流れになるのは、必然かな。いい勉強になりました。

■今後
今から来年以降の身の振りを考えてるのですが、モバゲvsGREEの戦いが総力戦、泥沼化する一方でソーシャルゲーム界にゲーム屋さんがガンガン参入してWEBからの参入は涙目、ということでモバイルは血で血を洗うレッドオーシャン化は否めなさそう。

スマホアプリ開発はまだ終わってはないとは思うのだけど、時間と労力、分析眼が相当に必要で体力無いと回せないし、回せたとしても儲かるかどうかはかなりグレー。受注でやるのも選択肢だけど、それだと今までと変わらないw

Unityとか覚えてモバイル業界をうまく渡っていくか、はやりWEBに戻って震災以降戻りつつある流れに乗るか。簡単には一発逆転は狙えない状況ですが、隙間はたくさんありそうなので、その隙間を埋める仕事を探しゲットしてしぶとく生き残るしかないかなー。

■で、どこで何をやるか
会社組織で動きやすくやるのは至難の業、宝くじでも当たらない限り無理。妥協していくしかない。個人で動いていくほうがフレキシブルに対応出来るけど、資金力は無いのが悩ましい。それでも動き出すための初期コストは相当低いけどね。

4人前後のチームを組んでモチベーションを保ちつつ、早い動きが出来るのが理想。ただ人もヴィジョンが高い人を集めないと良い動きは持続出来ない。やる気の無い奴が一人でもいると、プロジェクトの進行はそいつに引っ張られダメになる。この三ヶ月その光景を見れたのは財産。

言語は
◎Unity
python
○AIR(iOS/Android
○JS
▲cocos2d/ネイティブアプリ

Unityは今後流行るのは間違いないので、とりあえず把握だけしておこう。pythonは人に進められたのもあり、サーバサイド技術何も知らん自分としてはひとつくらい覚えたいというのもある。AIRは最近道楽でいじくってたのもあり、ASerには手軽に作れるのと、今後の処理速度のアップがあればヘビーでないもののアプリはこれで十分だと思う。cocos2dもやりたいけどもう時間が全くない。というか4つも欲張りだろオレ。

広告を非表示にする