読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shut the fuck up and write some code

グダグダ言わずにコードを書きたいブログ

HTML5 vs Flash

何だか色々とバトルが繰り広げられているようですが、


iPad / iPhoneのFlash非対応について、Adobeジョブズの言い分
http://japanese.engadget.com/2010/02/01/ipad-iphone-flash-adobe/


AdobeのCTO、Kevin LynchがFlashを擁護―「HTML5はウェブビデオを暗黒時代に投げ戻す」
http://jp.techcrunch.com/archives/20100202adobe-cto-kevin-lynch-defends-flash/


Flashは生き残れるか
http://mojix.org/2010/02/03/flash_survive


Flashだとここまでできる! HTML5とFlashの機能比較
http://clockmaker.jp/blog/2010/02/flash-vs-html5/


結局のところ自社案件だとかオリジナルコンテンツでも無い限り、プラットフォームのチョイスは提案は出来るけど選択の権限は開発/制作側の話では無いんだなあと思うと、論争も不毛
と感じる。Flash以外でやりたいと言ってもクライアントからはその逆を言われたりするケースもあるし。


iPhoneHTML5を動かしてみたけれど、アニメーションはできるけどFlashに取って代わることか出来るかと聞かれたら、現時点では絶対に出来ないと思う。ちょっとした演出ならいいんでしょうけど(自分のコードが悪いかも知れないけど)。まあそれは追々克服されていくだろうけど、iPhone/iPadがFlash採用しないならFlash以外のもの、アプリかHTML5のどちらかを選択するだけの話。というか、出来なくてもやらされるんだろうなw


あと「Flash=使いにくい」という発想はまだ根強いというか、あまりUIを考えられてないFlashサイトを見ての印象というか、すべてのFlashサイトはそうでないだろうし、HTML5だってすべてが良いとは思えないし。そういう印象論ってまだまだ残っているんだなあと感じる。使いにくい云々はデザイン/開発の問題で、それは作り手で克服出来る話。


しかし難しい局面に入った2010年、どうサバイブしようか。迷いまくり。

広告を非表示にする