Shut the fuck up and write some code

グダグダ言わずにコードを書きたいブログ

久々に今後のケータイコンテンツ業界について考えてみた

良質なエントリが上がっていたのと個人的にもケータイコンテンツ業界について色々思い始めたので走り書きをしておきます。


ケータイコンテンツ業界は暗くない状況についての独断と偏見のまとめ
http://v.japan.cnet.com/blog/murakami/2009/07/30/entry_27024024/


さようならiアプリ
http://v.japan.cnet.com/blog/murakami/2009/08/03/entry_27024122/



ケータイではユーザー的にも予算的にもカジュアルゲームしか市場に受け入れられてないのは自分も肌で感じてます。FlashLiteゲームでワンボタンゲームじゃないものってほとんど無いだろうな。大作ほど専用ゲーム機で遊びたい、というユーザーの感情はDQ9の受け入れられ具合を見る限り間違いないように思う。この先DSとケータイがドッキングしない限りケータイゲームコンテンツはこの状況を跳ね返せず、カジュアルな位置に落ち着くでしょうな。だからこそパフォーマンスが出せる&機種依存が無く開発しやすいiPhoneに目が行くのは必然だ。ただiPhoneがDS並みに売れるかというとそうではないだろう。やはり通信料が相対的に見たら10代には高いだろうな。


ケータイマンガにしても、大手ほど受け入れられないだろうな。有名どころなら、現状なら紙媒体で買った方がいいかも。コンビニでも買える。有名どころになればなるほど人に貸し借りできる、回し読みが出来ることが重要だと思う。10代ならなおさら。三十代オッサンの10代の頃だって水曜日はマガジン派とサンデー派が友好関係を結んでいたもんだ。時間つぶしで読むならネットでしか転がってないちょっとしたコンテンツくらいが丁度良い。エロが売れるってのも、欲望的なものより「人に見せられない」からこそ受け入れられるもんだよなあ。


Flashゲームが一番合うのは分かるけどここ数年全く変らない仕様には個人的にはもう飽き飽きだし、FL1.1ベースなのがまだまだ続きそうなのと単価がガンガン下がっているのを見るにつけ、どうしたもんだろな〜と心底思う。ワンボタンゲームの生産って、やってみるとわかりますけどもうネタなんて無いですよ。そこを何とかするモバゲーやGREEの凄さ、わかります。ただビジネスモデルは確立しても作り手の気持ちは満たせないし、仕様の広がりが無い以上コンテンツの展開の仕方は限られるので収益確保の方法論としては制作コストダウンしか道は残されてない。きついな〜。


こんな状況で何が出来るかを改めて考えると、ケータイ広告モデルとしては確立された感は出てきてるのだけど、ネタが尽きてるよなあ。新しいことやりたいと思っても、低コストで3キャリアの展開を考えると緩い仕様(FlashLiteなら1.1)に合わせざる得ない。アプリなんて持っての他だよなあ。確かに iアプリは無くなる。機種ごとにアプリ作り分ける金があったらiPhoneに投資した方がマシかも。


GoogleAndroid向けのアプリビジネスはなぜ魅力的ではないか?
http://satoshi.blogs.com/life/2009/08/google%E3%81%AEandroid%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E9%AD%85%E5%8A%9B%E7%9A%84%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8B.html

スマートフォン向けではなく、現状の端末向けのアプリの開発であればまだまだJavaBREW、Flash liteは健在。ただし、3〜5年後にそれらのプラットフォームがHTML5によって駆逐されてしまう可能性は大」

auがAJAXにどこまで取り組むのかが肝。でも見る限りどんどん取り残されて行きそうな感じ。iモード2.0とiPhoneさえ押さえればおkという局面がありえなくもない。auは自社プラットフォームをどうする気なんだろ。FL3すらまともに対応させてないところを見ると、正直いつか三つ巴から2強の時代に行くのではないか、とも思えます。正直出遅れ感は否めないな〜。てこ入れするべきところは料金じゃないと思うよ。


さて今後どうするべきか考えると鬱になってしまうのだけどFlashLiteに関して言えば技術より企画力が求められると思う。ロースペック、アイデア無し状態を打開するのはもう考え抜くしかないのではなかろうか。それが無理なら携帯Flashは切り捨ててiPhoneJavaScriptに走った方が絶対マシだ。技術学んでどうにかなるかもと思っていたケータイ業界はもう真っ赤っかのレッドオーシャンですよ。ケータイだらけの世の中ですから衰退することはないだろうけど、ビジネスモデルを確立するのはホント至難の業だ。もうちょっとユーザーの視点に立って考えられるようにしないとなあ。

スペランカーみたいなマゾゲーで青春を過ごしたロスジェネの僕らとユーザーは別の生き物だ。


まずこの視点を理解出来るようになることが一番最初にやるべきことなのだ。