読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shut the fuck up and write some code

グダグダ言わずにコードを書きたいブログ

携帯Flashにはサーバーサイド技術しかないのか

先月末から今までずっと仕事ラッシュで全く余裕が無かった・・・先月末からのトピックをようやくチェックし始めた。その中で気になったこと。


iPhoneよりイイ!? ORSOのFlash Lite技術
http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20090603/1244058587


確かにすごいのだけど、おそらくは大部分がサーバサイドでの技術。Flashの利便性で重要なのはJAVAでアプリ組むくらいならFlashでやってしまった方が早い&安いってことだったりオーサリングのしやすさだったり、ちょっとの力でそこそこのモノが出来てしまうということだった。が、ボタン操作無しではパラメータの受け渡しができなかったり(3.1では解消されてるけど)、サイズの可変が難しかったり、1ファイルで複数の端末に対応するのは不可能だったり。手動でやるには限界がありすぎる。それをどうにかするのはswf自体をどうにかするということではなく、別の方法でswfを生成するしかない。


アイデアや技術で克服出来るのは十分わかるのだけど、サーバーサイドで実現させてしまうと、ちまちまとオーサリングしていた人間からすれば、敷居の高さを感じる。さらっと全機種対応するにはあまりに敷居が高い。まだしばらく1.1メインの対応の時代が続くと思うと、どうやってswfを構成するかではなく、何を使ってswfを生成するかを考えるのがマストになってくる。ここまでくるともうバイナリ解析とかやるしかないのか。CS4でモーション作って演出がどうこうするとか考えてどうにかなるレベルではないなあ・・・。


全くフラットでない仕様をバラ巻き続けてた結果がこれか。技術とマンパワー頼りしかないのか。少なくとも「みんなで面白いモノつくりましょうよ!」という感じは出てないよなあ。仕様の軟弱さを克服することが完全にメインとなっているようで、ちょっと閉口。これがメインなら正直もういいやとも思えてしまう。早く3.1が浸透してくれないかな・・・。